子どもの悩みの原因、それは才能かも?

先日、赤もちのインストラクターになりました。

「赤もち」って、「赤ちゃんともち」ね。

 

うちの子、お友達のなんか違う・・・

全然いう事きいてくれない・・・

何が向いているのかな・・・

どうやったら才能がのびるのかな・・・

 

そんな風に考えた事、ないですか?

 

赤もちは、そんな子どもとの関わりを紐解きます。

個性を表す「赤ちゃん」と

才能を表す「もち」。

 

ISD個性心理学もそうだけど、

なんで、赤もちインストラクターになったかって、

それは、たくさんの悩めるママたちに、

子育てを楽しんでもらうため。

 

本当は、ママと子どものタイプが違うだけなのに、

なんでうちの子は・・・

って、悩んでるママは、本当に多いから!!

 

それは本当は才能なのかもしれないですよ?

それが判ったら、よくないですか?

 

私自身、次女はともかく、

長女の行動をはがゆく思う部分がありまして。

なんで・・・!?

と、思う事がしばしば。

イライラもかなりしてたなぁ(^_^;)

 

でも、紐解いてみたらば、

次女は私と同じタイプなのに、

長女は私と違ってた。

そもそも価値観が違う。

大事にしたい事が違うんだから、

そりゃ、ストレスだよね~。

 

でも、それが判ったから。

長女が何を大切にしているか知ることができたから。

私がイライラすることもなくなりました^^

 

普段、私は「世話焼き姉さん」と長女を表現しますが(笑)

それが才能。

そういえば、小学生の頃はよくイベントにも同行して、

小さい子たちのお世話してくれてたっけね。

今では、下級生のお世話を買われて(?)、

部活の部長です(笑)

 

小さいころは、

「人のことはいいから、自分の事やりなさい!」

って感じでしたけどね(^_^;)

 

そんな赤もちを、ママたちに広めていって。

ママがお子さんの才能を認めて、

笑顔になってくれたらいいな、って思ってます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。