親子だって、同じようにできる事とできない事がある。

あなたは、自分の子どもに対して、

「私の子なのに、なんでこれができないんだろう?」

と思ったことはないですか?

 

場合によっては、

「これだけ言ってるのに、なんでできないの!?」

って怒ったりした事ないですか?

 

私はあります(^_^;)

 

もー、本当にびっくりするくらいできなくて!!

よく怒っていました。

 

では、立場を変えてみたらどうでしょうか?

あなたのお父さんお母さんにとっては、

あなたは「子ども」です。

 

あれだけ、親に言われたり躾けられたりしたのに、

結局、できてない事ってありませんか?

 

私の母は、なんでもコツコツやるタイプです。

何かの為に、毎月積み立てるとか、大得意です!

 

そんな母を見ていたし、

子どもの将来の為に、毎月積み立てるように言われたし、

自分でもそれがいいんだろうと思うんだけど。

 

私はできないんですよ(^_^;)

 

私だってもう大人だし、

それはいいな〜って思うし、

やってみようと思うんだけど。

 

結局、やれてないんですよ!

 

つまり、何が言いたいかって、

親にどんなに言われたって、

できないものがある!

って事です。

 

私はそれを自分で経験してる!

 

だからさ。

きっと、自分ができてても、

自分の子どももできるかというと、

そうじゃないものがあると思うんですよ。

 

これはもう、努力とか根性とかでも、

カバーできないんです。

 

赤もち診断してみると、

母は、こういうコツコツがやれちゃう才能の

持ち主だって事がわかりました。

 

もう、私とは、生まれ持った才能が

違っていたのでした(^_^;)

 

だからね。

自分は普通にできていることでも、

自分の子にとっては、

無茶苦茶、努力と根性と、あと、やる気(^_^;)

が必要なことなのかも。

 

と思ったら、少しクールダウンできるんじゃないかなぁ?

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。